永久のエコノミー
ななしのおと
美しい星の上で
今年も暇すぎる時にでも覗いてみる感じで宜しく願い申す


親のトップリーチで後攻役なし愚テンして、結局中途半端な事して放銃したのががイタかった。ま点差と手の高さ的に勝負手じゃなかったし引ける感じだったので引き方向だったか。

邪み
そうだなぁ。解決編中盤でごく単純な疑問はあったり終盤ちょっと微妙に謎な処もあったりもする。がまぁいいかの範囲。
うん。見る視点によって事件の様相は大分違うって事ですな。そういや年末の事件も視点によって別物だったしなぁ。
まぁ京極堂はそういう事思わせる事多いが今回は特にかな。
だから普段から身嗜み等確りとする事が肝要なのだなぁと思う。
因みに中盤に妖怪の長い解説が今回はなかったね。
何でここでとまっているんだろうとも。てっきり前作のアレが出てきて京極堂と直接対決?的な感じで京極堂の勝利ともいえぬような勝利な感じで終いかとも思ったが。
そういやこの辺りで妖怪ブームが一旦下火になったなぁと、でも特に現代日本で妖怪って存在は大衆にとって必要(何でもどんどん地味に明快になっていき続ける時代性と、民俗的に即した形でのフィクションという妖怪と、無宗教の国と、無宗教でも大体の人(大衆)は宗教性を持つものだから)だからまぁいずれ品を変え何等かが出るだろうと思っていたらウォッチが来たよね。

懐かしい未来


因みに協会のアレは何か作画力低いキャラクタ達に茶番やらせて只のカラオケになっている短いメドレーみたいなものの後にラブライバー歓喜のちょっとしたの流した後にライブって感じの、前半は誰も得しないだろうし後半にしたってラブライバーというサブカルの中でもマイナーな処に居る方たち用であってあれはそういう一部以外は寧ろ面白くはないんじゃないか(寧ろああいうのああいうところでやるとその、以外の人達が豚キモ感を加速させる処があるだろうな逆に迷惑というか)というなんていうかどっちつかずの広く世間に向けて流している積りでつくったとは思えぬドウコウ最近の紅白の仕様はアレだよね。まぁ昔なら面白かったって事でもないが。

ガキつか
アニメも前より画質がやや上がったね。それでもlow労力でhighリターンだからいい媒体なんだろう。

数十年前のモノをわいわいやっているだけで愉しめるんだから善いよなぁ。
しかし、隠しブロックあった方が面白いんじゃないか?ないのかな?
これも結局改造マリオが人気である事を踏まえて公式が乗り出したって事だよなぁ。
マリオメーカー難関
https://www.youtube.com/watch?v=Zbudb-xW2y0
アクロバティック

ミステリ
ワイダニットがわかりやすくてよい。ふつう此処で白を切って証拠を提示って処だと思うがまぁこんなもんかな。

まぁこのシステムをバラエティ以外の番組に採用したら面白いと思う。
ああ美しい星
おおらす
子の89点差親に129差。ラス子
23m1124p1d34で、2sから食う。順ちゃん三色ドラ狙い。まぁ喰いで3面子の要所はOk
まぁ1鳴きのさして聴牌していない感じの親に180放銃してトビラス
まぁ-53で済んだのは確変という事で、2戦目からいい感じの麻雀が出来た。

美しい星
題ゆきのおと
震度5弱の地震が来た時アホ山くんが考える事

280持ちだが気合いよくピンドラ2で曲げ。1鳴きが2鳴きになって刺さったら120だった
の1
115788p68mr56s自自
7mから。47sからなら喰わない感じだが。
上3位目曲げに1シャンテンで突っ張る。直なら捲り。だが1枚壁の宣言牌のまたぎひいて厳しく完全1を削る。
自暗刻47テンで自アンカン放銃80

78124r55m113發発

3mを12で。かなり微妙だが。タンヤオみせて24っていうのは勿論あるだろうけど真っ直ぐいった。
南1
3位まで60差ラス
13457899d468を9
連ラス-32

雪の音
外伝
一応マモンは倒したけど残りが微妙
デジタルという語句の曖昧さ@下弦の月が朧に
まあここ最近書こうかな止めようかなと思っていたものだが。


溢れている語句を俺なりに認識すると、こうなる。

え?雀荘によく居る様な、あがった後に「ほれ~見てみぃ~さっきあがったからツキの流れが向いているんやで~」みたいに言うオッサンがオカルトじゃないの?とか言われそうだが。

彼らは単に卓外戦術としてやっているか、ゲームを盛り上げる演出としてやっているのだと思うが。本心で言っているならデジオカ云々以前にただ下手な人だろう。ただ正しく伝わると判然と思わないがもっと深い意味でのツキの流れの様なものはあるだろうがそれを読む(安定して一定確率以上あたる)のは殆どの人にとって難しい事だろう。

ネット民はオカルトがアレでとよく言うと思うけど。
個人的には特に昨今、デジタルの一部の方が気に掛かる。



デジタルは、統計は扱う時もあるにせよ
何であれ、卓内で最善手を導き出そう、という考え方だと思う。
そこで問題になるのは、
他家をどういう打ち手と想定するかによって正解が変わるところだ。
それは特上平均なり、鳳凰平均なり、自分の想像する最強の打ち手なりがあるだろう。
それぞれデジタルだが別の解になる。
これが微妙な処だろう。不確定不完全情報ゲーである以上ツキモノだ。
だから、曖昧だ。

そしてもう一つ語が要ると思うんだが。
デジタル未満、という様な。
統計は使うけど扱う処がぞんざいとか。場の傾きを考慮に入れずにやっている、という様な。
データに対する盲信性というか。
所謂オカルトよりずっとカルトっぽく映る。矢張りそういう人はデジタル一神主義で。

書くの飽きたから取り敢えずここまででいいや。
甲賀忍法帖
まぁ戦術として大統一されるとしたらアナログか、アナログ寄りのデジタルに、成らざるを得ないと思うが。

最近のにちじょう
新プリ情報みる→それについて感想系ツイる→意外にもふぁぼ入ったのでその人のページいって結局ふぁぼなりプリ内容についてのリプなり入れる→今度みてみます的
という事になって、意外にもプリ試聴の分子を1上げる効果に成ったっぽい。そして今更ながらそういやプリ名前は知っていても内容は朧気にしか知らないという人は居るんだなまぁそりゃそうだよなとか改めて思。